MIYASEI Race Report

アクセスカウンタ

zoom RSS 2016 耐久#2 全道MTB4時間耐久レース

<<   作成日時 : 2016/06/26 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

開催日:2016.6.26(日)
会場:旧上砂川国際スキー場 
運営:DoRide
天候:雨
コース:マッド
バイク:ICAN FAT BIKE
タイヤ:Panaracer FAT
補給:メダリスト他

結果:2位(ソロクラス)/13人
周回数:33周回

*************************************************************

3度目の出場となる当該耐久レースは、登りもシングルトラックもあって、はっきり言って苦手なコースだ。

しかし、今年は長時間のライドが不足しており、目標レースであるニセコクラシック(ロード)の練習として参加することにした。

バイクは腰にやさしく、より負荷のかかるファットバイクを選択。


会場へは高速道路を使えば1時間ちょっとのため、当日の朝にビュビュっと移動。


生憎の雨だが、ファットバイクだしマッドコンディションでも何とかなるだろうということで、試走無しにスタートラインに着いた。


<レースプラン>
着は意識せず、楽をせずに4時間踏み切る。


「スタート」
後方からスタート。

チーム戦ライダーにどんどんと置いて行かれるなか、マイペースでレースイン。
というか、そもそもファットではXCバイクのスピードに着いて行く気にならない・・・

コースは思った以上にヌタヌタで、特に新設の激下り区間は、度胸試し状態。

太いタイヤで泥を掴み漕ぎが重いうえ、早々にギアの2段と3段が使えなくなり、登りで重たいギアを使用せざるを得ないこともあって、1時間でペースが落ち始め、同じソロクラスのN田選手にはあっと言う間にラップされる。

その後、コースに慣れて若干ペースを持ち直す時間帯もあったが、雨やタイヤ痕でコースの荒れ具合が増すにつれて、重たいギアを踏めなくなり、どんどんとペースが落ちる。

レース前までは、マッド路面はファットバイクが有利だと思っていたが、タイヤが泥に浮くため、タイヤはエッジ無しのスキー状態。
登りではトラクションが掛らず、下りではハンドルを切っても曲がれず、直線でも傾斜があると横滑り・・・

そんな状態で余計な体力が更に奪われ、折り返し地点で既にゾンビ状態。

寒い雨の中、無理に重たいタイヤ回し続けた為か膝痛まで出始めたが、残りの2時間はチーム戦の女子選手や小学生にも抜かされながらただただペダルを回し続ける。

ドロドロになったサングラスと手袋交換の為に一度バイクを降りたものの、なんとか4時間走り切ることができた。


*************************************************************

ペースを上げられなかったため心肺的な辛さはなかったが、筋力と精神力的にきついレースだった。

結果はともかく、想定以上に重たくなったバイクで、4時間走り続けることが出来たことは良かった。



参加ライダーの皆様お疲れ様でした。
また、雨の中、スタッフ、応援の皆様ありがとうございました。


画像


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
2016 耐久#2 全道MTB4時間耐久レース MIYASEI Race Report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる