MIYASEI Race Report

アクセスカウンタ

zoom RSS ツールド北海道2015 2st ロードレース/naoki

<<   作成日時 : 2015/09/12 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

開催日:2015.9.12(土)
コース:美瑛町〜上富良野町〜旭川市〜美瑛町
距離:123km
天候:曇り時々雨
バイク:TREK MADON7
ホイル:F・R/Bontrager Aeolus 3 D3
補給:メダリスト、カーボショッツ
結果:41位(JCF登録者クラス)/85人
タイム:3:53:33(+0:14:53/31.46km/h)

*************************************************************

今年もセカンドステージのみスポット参戦。

「レース当日」
今回は道北開催ということで、スタート・ゴール地点は隣街の美瑛町で早朝なら車で40分程度。なので勿論当日移動なのですが、ゆっくりしすぎて会場到着時は駐車場は残り数枠の状態・・・

数日前から娘の胃腸炎を貰ったと思われる体調不良が続いており食欲は全く無く、受付と諸々の準備後はアップすることなく、なんとかバナナ2〜3本を詰め込んで召集エリアへ。

「レースプラン」
このコース最大のポイントである十勝岳までは集団内で脚を貯める。
十勝岳ヒルクライムは苦手な傾斜のため、できるだけ前方で流れに乗って登る。
十勝岳後の2つの山岳は脚質に合った傾斜なので、もしトップ集団に残っていれば、勝負の動きがあれば積極的に対応する。


「レーススタート」
スタート後しばらくパレード走行も、そのペースですらちょっと辛く感じる位に身体が重い・・・
なんとか調子を上げようと軽いギアで脚を回すが、既に呼吸が上がり始める。

上富良野まで何度か現れる短い登りでは毎回置いて行かれそうになるところをなんとか着いていき、十勝岳に向けてどんどん気持がネガティブになっていく。


そして、いよいよ十勝岳ヒルクライム。
辛いながらも8km位まではなんとかトップの見える位置をキープするも、傾斜が急になるあたりで脚が止まり、急激に遅れ始める。

この日の為に36tのギアを準備したが、試走の時よりも全然脚が回らない。
もう、何人に抜かされたか分からない位順位を落としたが、それでもなんとかトップから3分位と、辛うじて追走可能範囲内で登りをクリア。

なんとかクリアはしたものの、吐き気と目眩に襲われる。

一緒にダウンヒル区間に突入したドーキューのH谷さんもそんな状態を察知してくれて後ろで休ませてくれたが、何度も意識が飛びそうになり、遅れそうになる。

続く白銀のだらだら登りも牽いてもらいながらなんとか着いて行くが、突然両脚が攣ってここで実質レース終了。

吐き気と目眩もあって気持ちが折れてしまい、DNFを決めて回収車が来るまでサイクリング走行を続けることに。

突然の土砂降りの中を情けない気持ちで回収車を待ちながら走っても、なかなか楽には回収させてくれないもので、気付けば2つ目の山岳区間へ。

ゆっくりペースのおかげで少し体調が回復してきたところで、NSRのO澤さんのグループと遭遇。
もしかしたらこのままゴールまで行けるかも?と気持ちが上向いてきたため、このグループに加わえて貰うことに。

それにしてもこの集団、だれもサボらず統制がとれて気持ち良く回る。
勿論只乗りとはいかないので、きっちりローテに加わる。

辛い!
苦しい!

けど楽しい。

集団の一体感。

順位はともかく、ロードレースをしている!という実感が湧いてくる。


最後の山岳も越え、レースはゴールまで下り基調、強い向かい風の吹く平坦区間40kmを残すのみ。

力尽きた選手は遅れ、残った選手で前の選手を吸収しながらゴールに突き進む。

いつしか脚を攣っていたことも吐きそうなことも忘れ、1人でも多く交すことだけを考えながら走っている。


レースも終盤、美瑛坂。

50m前には数人の集団。

登りに入り少しずつ差が詰まる。

前の集団で勝負したいが、登りで50mをジャンプ出来る脚は残っていない。

勇気が出ない・・・

坂のピークが迫り、差は30m。ここで行かなければ絶対に追いつけない。

覚悟を決め、全力アタック!!

しかし、あと10mが届かず、前集団が下りに入る。

強い向かい風で差が詰まらない。

O澤さんも反応してくれたため、協調して追走体制に入る。

10mの差を保ったまま、いよいよ残すは最後の直線。


O澤さんは漢アタックで前集団に追いつき、ゴールスプリントへ持ち込む。

自分は完全に乳酸が溜まり切ってアタックすることが出来ず、10m後でゴールとなった。


*************************************************************

こんなに走れなかったのは2013年ツールド沖縄以来でしょうか?

練習では2日連続でこのコースを試走しても脚を攣ることはなかったのに、胃腸炎で食事や補給をまともに取れなかったのが原因でしょうか?

2週間前は凄く調子が良かったのに、ピーキングの難しさを感じました。

とはいっても、後半はロードレースの醍醐味を味わいながら、調子が悪いなりに出し切ることが出来たのは良かったです。

と言う訳で、皆さんお疲れ様でした。

特に、ゾンビ状態のところを拾っていただいてゴールまで送りとどけて頂いた後半一緒に走ったグループの皆さんありがとうございました!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツールド北海道2015 2st ロードレース/naoki MIYASEI Race Report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる