MIYASEI Race Report

アクセスカウンタ

zoom RSS DoRide XC#4 千尺大会/Naoki

<<   作成日時 : 2015/08/23 21:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

開催日:2015.8.23(日)
会場:札幌市手稲千尺スキー場
主催:DoRide
天候:曇り
コース:ドライ一部マッド
バイク:スーパーフライ
タイヤ:F/TUFO・XC2チューブラー2.0(1.5psi)
    :R/TUFO・XC2チューブラー2.0(1.5psi)
補給:メダリスト

成績:5位(エリート)/18人
タイム:1:20:14.50
距離:約3km×8周

*************************************************************

レース当日に会場入りし、受付後1周だけ試走。
正確には、ゲレンデ部分はヌタヌタな感じだったので、駐車場から川方向に降りるの岩のシングルトラック部のみ。
しかし、難所の木の根登りは1度も成功することなく、不安を残したまま試走時間終了・・・

しばらくマッタリした後、いつも通りスタート2時間前に食事をし、90分前からアップ開始。
1時間かけて銭函を往復し招集エリアへ移動。
ポイント順でエリート最後列に並ぶ。

「レースプラン」
ゲレンデ部分の激坂は脚を使わない様に軽めのギアで無理をしない。
テクニカルセクションは突っ込み過ぎない様に効率よく。
勝負を掛けるなら駐車場のダラダラ登りで。

因みに、今回は昨年あたりから下りや平地のテクニカルな部分でタイムを大きくロスすることが目立っていたので、登りの軽さは犠牲になるが、走破性の高い29erを再び試すことに。

画像


「スタート」
スタートからしばらく抜きどころが無いため流れに従いながら、1周目は9〜10位。

2周目で2回り以上若いF江選手とパックとなり少しずつ順位を上げていき、3周目から4位5位固定でレースを進める。

画像


テクニカルセクションやコーナーの立ち上がりは軽さに勝るF江選手が優位も、パワーセクションでは自分が優位と感じたため、呼吸の落ち着いた5周目の直登区間で仕掛けて単独4位に抜け出す。

画像


その後30秒以上引き離し、前を走るN田選手との差も少し詰まったが、7周目で腰痛悪化によりペースダウンしたところを、再びF江選手に交わされる。

そのままなんとか着いて行くも、抜き返すまで力は余っておらず、5位でレースを終えた。

*************************************************************

「反省など」
大きなミスもなく、久しぶりにちゃんとレースが出来た感じですが、これも2回りも若い選手にペースメークして貰ったおかげ。なんだか自分が走り方を教わっているようでした・・・

それと、トップとはまだまだ5分の差。
今後はこの1周37秒の差をどうやって埋めるかを考えていかないとなりませんね。

因みに、29erバイクは思った以上に良かったです。
27.5erに変えたきっかけとなった、レース後半の激タレもありませんでしたし、そうなってくると最新型の軽い29erが欲しくなって困ります・・・

選手の皆さんお疲れ様でした。
スタッフ、応援の皆さんありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DoRide XC#4 千尺大会/Naoki MIYASEI Race Report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる