MIYASEI Race Report

アクセスカウンタ

zoom RSS MTB北海道選手権

<<   作成日時 : 2015/05/31 11:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

開催日:2015.5.31(日)
会場:幕別町 忠類白銀台スキー場
主催:北海道自転車競技連盟
天候:曇り途中雨
コース:ドライ
バイク:JFM27.5
タイヤ:F&R/SCHWALBE・ROCKETRON 2.1 (1.7psi)
補給:メダリスト

成績:4位(マスター)/11人
タイム:39分22秒
距離:約2km×6周

************************************************************

前日に会場入りし、受付と試走を5周。

コースはそれ程難しく無いものの、路面のおうとつが多く刈ったばかりの草が重たい為、スピードの維持がポイントになりそうな印象。

電動化したコンポのシェークダウンでもあったが、セッティングもポジションもバッチリ決まり、レースに向けて良いイメージで試走を終える。

当日
宿泊先の帯広からスタートの2時間前に会場入り。

食事を済ませバイクをセットし、忠類管内をたっぷり1時間アップ。

しかし、ここで痛恨のミス。
アップ終盤に招集時間を間違えていたことに気付き、レース並みの本気ペダリングで会場へ戻る。

点呼は終了しており最後尾からのスタートのつもりだったが、そこは大人の余裕のあるマスターズの面々。
2列目に入れていただきました。
ありがとうございます!

10時45分「スタート」

画像


数名が飛び出すが、そこは無理をせず(無理出来ず)、ほぼクラス最後尾でレースイン。

登り区間で1人ずつ交しながら、1周目は6位。

2周目は4位、3周目でようやく2位まで上がったが、トップのN田選手とは30秒のタイムギャップ。

何とかトップに追いつきたいものの、下りの遅さや平地でのミスにより、後続の長谷川選手と桝田選手に差を詰められ、パック状態に。

画像

画像


登りはダンシング主体で引き離すも、下りで追いつかれる展開のまま最終周回。

画像


砂利登りでM田選手がアタックを仕掛け、それにH川選手が続くも、自分は気持ちが折れて残りはサイクリング。

4位でフィニッシュとなった。

************************************************************

登りはほぼダンシングで(シッテングで速度維持できるまで仕上がっていなかったとも言えるが)攻めた点は良かったが、そこで稼いだ以上に下りやシングルトラックで失っていたのが敗因。
今年は何度かオフロードでのトレーニングもしたが、毎年遅くなっている感じが・・・

最終周回でのアタックに反応出来なかったのは気持ちの問題。
カウンターを返せる位最後まで強い気持ちを維持できる様に頑張ります。


と、言う訳で、スタッフの皆様ありがとうございました。
選手、応援の皆様お疲れ様でした。


そして石井さん、今回も素晴らしい写真をありがとうございました。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
MTB北海道選手権 MIYASEI Race Report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる