MIYASEI Race Report

アクセスカウンタ

zoom RSS ツールド北海道2014 2st ロードレース/naoki

<<   作成日時 : 2014/09/14 12:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

開催日:2014.9.14(日)
コース:幕別超〜豊頃町〜幕別町
距離:137km
天候:晴れ
バイク:TREK MADON7
ホイル:F・R/Bontrager Aeolus 3 D3
補給:メダリスト、カーボショッツ
結果:18位(JCF登録者クラス)/76人
タイム:3:34:04(+0:00:29/38.39km/h)

*************************************************************

今回は第2ステージのみのスポット参戦。

<13日>
昼前に自宅を出発し、約3時間かけて帯広市内のTT会場に到着。
丁度チーム員のツネの出走直前で、ツネとヒロシの応援後、ヒロシのダウンを兼ねて30分程会場周辺で調整走。

この日は帯広市内のビジネスホテルに宿泊。


<14日>
7時に会場到着後、受付と険車を済ませ、2km離れた駐車場に移動。
思いのほか検車に時間をとられたため、慌ただしくレースの準備をし自走で会場へ。

会場に到着し出走サイン後チーム員と合流するも既に各選手召集エリアに流れ始めており、チーム会議をする間も無く(いつもしてないか?)移動。

今回はクラス毎の分けは無く、3クラス160人程が並ぶ集団のかなり後ろの方にチーム3人で並ぶ。


8時30分 スタート

約2kmのパレード走行後、集団のスピードは一気に上がる。
この瞬間が結構好きでスイッチが入る。
しかし、集団が大き過ぎて動こく事は出来ずそのまま後方に位置。

集団後方はブレーキによるスピードの上げ下げが激しく、レース経験の浅い選手や動きの読めない高校生が多いのでできるだけ早い段階で前方に上がりたいところだが、12km地点の古舞の下りの路面の跳ねでボトルを落とし、残り120km以上をボトル1本で走らなければならなくなったため、しばらく集団後方で温存することに。


55km地点、試走で中切れポイントとしてチェックしていた二宮の登りで、この日初めてギアを掛けて集団前方までジャンプ。

一気に100人以上を抜くのは気持ち良い!

勢い余って集団から飛び出し、北大生と先に飛び出していた練習仲間のN川さんと3人で逃げを試みるが直ぐに吸収される。

後半に何度か現れる登りで有力選手の動きをチェック出来る集団前方にそのまま残る。


集団では数名が飛び出し一時2分以上の差がつくも、リーダージャージを含むメイン集団は平地区間で30キロを下回るスローペースになったりと牽制状態が続く。

自分も何度か登り区間で集団を抜け出したりしたが、なかなか回りの選手と同調できずに集団内走行を続ける。


レースも終盤、落車や南勢の登りでのペースアップで集団は絞れるも、先に逃げていた数名も吸収し50人以上の大集団のままいよいよ勝負所の糠内の登り区間へ突入。

激しい位置争いでどんどん被せられ登り始めは集団後方。
予想通りリーダージャージを含む数人が集団を飛び出し、ここは何としても着いて行かなければならない場面だったが、ラインを塞がれて出遅れ集団前方まで上がるのが精いっぱい。

登り区間を終えてばらけていた集団がまとまり追走体制へ。

逃げとの差は30秒程。

前方の良い位置につける。

しかし、最終コーナー手前の位置取りに敗れ後方に追いやられ、コーナー立ち上がりには全くラインが残っておらず、スプリントすることなくメイン集団後方でのゴールとなりました。

*************************************************************

今回は脚を使いきれず不完全燃焼なレースとなってしまいました。が、自分で展開を作るだけの力が足りなかったとも言えます。

しっかり試走をして勝負所も分かっていただけに、あの局面で有力勢に挑戦出来なかったことが残念です。

とは言っても、ダイナミックなコースを走ることのできるツールド北海道はやっぱり楽しいレースですね。

皆さんお疲れ様でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツールド北海道2014 2st ロードレース/naoki MIYASEI Race Report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる