MIYASEI Race Report

アクセスカウンタ

zoom RSS DoRideXC#3 士幌

<<   作成日時 : 2014/06/22 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

開催日:2014.6.22(日)
会場:士幌町ヌプカの里 
主催:DoRide
天候:晴れ
コース:ドライ
バイク:スーパーフライ
タイヤ:F/シュワルベ・レーシングラルフ2.1(2.0psi)
    :R/TUFO・XC2チューブラー2.0(2.0psi)
補給:MEDARIST

結果:DNF(Elite)/28人
距離:約3.4km×7周
タイム:----

*************************************************************

前日に会場入りし、3周+シングルトラック部を数回試走。
試走ではバイクも身体も良い感じでしたが、最後に手稲の主のO崎さんに追われながらほぼレースペースで走ったため思った以上のダメージが・・・

試走後は例年通り士幌旅館に宿泊。

当日、受付後に展望台でしばらく仮眠。
軽く食事をしたあと、いつも通り1時間かけてアップ。
調子は良い意味で普通。


第2戦を走っていないため3列目にコールされ、左端にスタンバイ。

10時45分「スタート」

画像


柵を利用した両足ビンディング装着作戦も虚しく30人近いエリートライダーの真ん中程に飲まれながら最初のシングルトラックに進入。
その後のロングダウンヒルでも抜きどころ無く、ダブルトラックのペダルセクションに入った頃には、先頭集団は姿も見えない遥か前方に。

ただ、士幌のだらだら登りは脚質に合っているのでひたすらマイペースで1人ずつ交わしながら前を目指す。

すると4周目には今年調子の良いロードキッズのN田選手を捉え、5周目にはJパーカーのF井選手を捉える事に成功。

画像


追い付いた勢いで一気に引き離しに掛るも、流石に許してはくれない。

画像


しばらく3人パックの先頭を引きながら抜け出すチャンスを窺うも、先頭集団との差は一向に縮まらず残り周回数から先頭に追い付くことは難しいと判断し、無理にペース維持するよりも後ろに下がって集団内で勝ちを狙う作戦に変更。

6周目にはO崎選手も吸収し5位を争う集団は4名に。

最後のシングルトラックを抜け、いよいよラストラップに突入かと思った矢先、前2名が腰を上げて勢いよく本部前を通過するのに続き、同じく腰を上げて勢いを増そうと思い切り踏みこんだ瞬間に手を滑らせてまさかの落車。

立ち上がってリスタートしようとするも、右手に違和感を感じて見てみると手指が変形・・・
しかし残りはたったの1周なので更にリスタートを試みるも、チェーンが完全に噛んでおり怪我の状態から直せないと判断してリタイアしました。

*************************************************************

その後、N村さんとちゃちゃきさんの奥様に同行頂いて帯広市の病院で診察を受けたところ、手指の変形は脱臼であり、その場で整復してもらいました。
因みに後日の検査により脱臼に伴う骨折と靭帯断裂もあり全治2カ月との診断を受けました。

救護していただいた皆さん本当にありがとうございました。
また会場の皆さんにはご迷惑とご心配をおかして本当に申し訳ありませんでした。



※画像:I井さん、N村さん、ありがとうございます。







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DoRideXC#3 士幌 MIYASEI Race Report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる