MIYASEI Race Report

アクセスカウンタ

zoom RSS サロベツ100マイルロード

<<   作成日時 : 2012/07/22 13:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

開催日:2012.7.22(日)
コース:豊富町大規模草地
距離:20km×8周
天候:曇り〜晴れ
バイク:TREK MADON6.2
ホイル:F/ZIPP303・R/ZIPP303
補給:BCAA+クエン酸他
結果:18位(エリート)/51人
タイム:4:24:51.64(36.2km/h)
*************************************************************

前日チーム員3名で会場入りし、1周だけ試走した後豊富温泉の旅館に宿泊。
予想通り?プチレースペースな試走となったので、独特の泉質の豊富温泉で筋肉を解しつつ、特にチーム会議をすることもなく、9時過ぎには就寝。

当日、睡眠たっぷり腹いっぱいで7時前には会場到着し、受付や準備後しばしマッタリ。

8:30「スタート」
まずはアップがてら集団の後方でヒラヒラ。

予告通り?同じ旭川組のオオツボ選手が逃げて見せ場を作るも集団ペースはあまり変化なく進み、身体が温まった3周目で集団を飛び出してみたり、登りでブライアン選手に挑んでみたり、丘陵区間で集団を引いたりと調子に乗りすぎて、5周目には登りでのペースアップに喰らいつくのがぎりぎりの状態なほど消耗・・・

その後ブライアン選手や本州の有力勢の逃げが決まったため集団はマッタリペースとなり少し回復できたため、ドーキューチームのコントロールでゆっくりだった集団のペースを上げる為に前に出たところ1人出される形となり、これにチーム員のツネが乗ってくれたので、少し前に集団から飛び出していた3名を吸収し5人で協調して逃げを試みますが結局集団のペースが上がって直ぐに吸収。

その後は、ちょこちょこ動きはあるものの集団は小さくならないまま最終周回へ。

動いたのはやはり裏の登り区間で、3名が飛び出しそれを追いますが追いつけそうで追い着けない差。
最終の丘陵区間に入っても追い付くことが出来ず、そのまま集団ゴールスプリントとなり、自分は流れの中でスプリントすることなくそのままゴール。


今回は、アベレージ的には例年とあまり変わらないものの、篩に掛けるような動きが少なかったのと、有力選手の逃げが決まってややマッタリとした展開になったためか、大集団のまま最後までレースが進みました。

その中で、出来たこと出来なかったことはありましたが、やっぱり最後の4位争いの飛び出しには乗りたかったですね。
それと、集団から飛び出した時に、後の事を考えて(ビビって)ややセーブした走りとなったことに後悔と気持ちの弱さを感じました。

全体としては、エンガルと比べて大分踏めるようにはなったので、楽しむことは出来ました。

皆さんお疲れ様でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
サロベツ100マイルロード MIYASEI Race Report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる