MIYASEI Race Report

アクセスカウンタ

zoom RSS ツール・ド・十勝(ロードレース)

<<   作成日時 : 2011/07/16 17:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

開催日:2011.7.16(土)
コース:帯広市河川敷
距離:4.7km×10周
天候:曇り〜雨
バイク:TREK MADON6.2
ホイル:F・R/ZIPP303
補給:グリコ/クエン酸&BCAA
結果:位(エリート)/人
タイム:4:28:35.50(35.74km/h)

*************************************************************

前日の夜に移動し,帯広市内に宿泊。
当日,会場でチーム員のツネや旭川RRTの方々と合流し,雨模様だったのでアップ用にテントを立てたりと諸々の準備。

当初昼位に到着予定だったため,個人TTには申し込んでおらず,TTはツネの応援。
そんなツネはほとんどアップもせず調子も悪そうでしたが,堂々のエリート8位。流石ですな。

自分の出番は最後の14時過ぎということで,しばらく時間が空きますが,雨が降っていたこともあり,車の中で替えたばかりの電話で遊んだり,徒歩で近所のコンビニまで買い出しに行ったりしながら(午前のレースと思い込んでおり昼飯が無かった・・・)マッタリと過ごしました。

アップは1時間前からローラー台で軽く脚を回し,14時過ぎに召集が始まりスタートエリアへ。


14:15「スタート」
まずは並んだ位置のまま後方で様子見。
雨は上がったものの所々水溜りが残っていて,それを避けようとする前の選手の横移動があったりと危険な匂いがしたので,2周目から徐々に前へ移動。
3周目には,勢い余って若い木村選手と2人で飛び出し逃げの形になるも(笑),流石に2人で残り時間を逃げ切れる訳もないので,集団を待つことに。

そのまま前方の方で様子を見ながら走っていると,脚のある4人が飛び出して逃げの体制に。
ドーキューが2名入っているので,同チームライダーが集団をコントロールし差がどんどんと開していきます。

誰も逃げを追うアクションを起こさないので前に出て集団を牽引。
ツネの助けもあり,逃げを吸収することは出来ましたが,かなり脚を使ってしまったので,力を貯めるために集団後方に下がったものの,入れ替わり立ち代わり細かいアタックがかかる状態が続き,なかなか前に上がれないままレースは終盤。

結局集団は殆ど絞られないまま,勝負は最後のゴールスプリントへ。
最後のコーナーを立ち上がったところで,最前列とは結構な差があり早々に勝負は諦めましたが,ツネが発射台になってくれたおかげで,数人パスしてゴールすることが出来ました。


*************************************************************

雨のレースで,最低目標の事故なくゴールすることができてまずは一安心。

前半は謀らずもレースに絡むことが出来ましたが,後半は完全に消えていました。
途中で逃げの誘いとかもあったのですが,躊躇したところにまだまだ弱さがありますね。
鍛え直します・・

因みに,第3ステージのクリテリウムは,費用対効果を考えて不参加としました。


応援・スタッフの皆さん,雨の中ありがとうございました。
選手の皆さんお疲れ様でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツール・ド・十勝(ロードレース) MIYASEI Race Report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる