MIYASEI Race Report

アクセスカウンタ

zoom RSS ツール・ド・北海道2010 市民レース

<<   作成日時 : 2010/09/24 00:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

◆個人総合成績◆

17位/105人/Aクラス
3:24:39.55(+0:04:39.58)
※4位/S2クラス

◆第1ステージ<個人TT>◆

開催日:2010.09.18(土)
コース:倶知安町総合体育館敷地
距離:1.1km
天候:晴れ
バイク:TREK MADON6.9pro
ホイル:F・R/ZIPP303
結果:24位(B2)/41人
タイム:0:01:39.55(39.77km/h)

家族で、あちらこちらに寄り道しながら、受付終了40分前に会場到着。
慌ててバイクを準備して2周だけ試走。

スタートまでかなり時間はあったんですが、SLを見たり、チーム員や知り合いのライダー達とワイワイやっていたら、結局今回も時間に追われながら、ローラー台で15分だけ脚を回してスタートラインへ。

駐車場を使ったコースで、直角コーナーが多く、直線スピード区間が短いレイアウトなので、脚の無い自分でもそこそこ行けるかな?と思って走りましたが、やっぱり遅いものは遅かったです・・

ストレート部分では、往路50km・復路44kmとそれなりにスピードに乗ってはいたんですが、コーナーで膨らんでブレーキをかけまくって、逆にコースの餌食になってしまっては話になりません・・

毎度のことながら、試走とアップはちゃんとしましょうと言う事で。。

画像




*************************************************************


◆第2ステージ<ロードレース>◆

開催日:2010.09.19(日)
コース:伊達市大滝区〜恵庭駐屯地
距離:96km
天候:雲り・雨
バイク:TREK MADON6.9pro
ホイル:F・R/ZIPP303
補給:メダリスト・パワーバージェル・カーボショッツ
結果:4位(B2)/59人
タイム:2:28:01(38.91km/h)


第1ステージの倶知安から移動し、家族でスタート地点近くの温泉に宿泊。
家族は車でゴール地点に移動してもらうことに。

で、宿の飯がバイキングと言う事で、今回も食べ過ぎました・・

カーボローディング?ばっちりで、アップがてら自走でスタート地点まで向かいますが、寒くて全然身体が暖まらない。
チーム員のツネや、東京からこのレースの為に飛んできたヒロシと合流し、慌ただしく開会式に参加し、アップしないままスタート時刻に。

小雨の降る中、B1クラスがスタートし、その1分後にB2とB8がスタート。

スピードの上がらないまま集団は進みますが、直ぐにB1クラスに追いつき、130人近い大集団に。
更にスピードは落ち着き、これレース?っていうようなペース。

道幅一杯で動く事が出来ないので、集団後方で様子をみますが、前方のちょっとした加減速が後方では大きく伸び縮みすることになりスリル一杯。


支笏湖通に入って激しい雨が降り出し更なる恐怖感を味わいつつ、大きな動きの無いまま、いよいよ勝負所のポロピナイの登りへ。

登りに強い選手が逃げる事が予想されたので、登り始めで無理して数十人を交わし、逃げ集団に合流。
集団は10数人で、しばらくはペースを合わせて着いていくも、登り始めの加速が祟ってだんだんと苦しくなって行きます。
先頭のペースアップがあると、ダンシングしないと着いて行けない状態ではあるものの、なんとか集団にぶら下がってはいましたが、KOMスプリントには反応出来ずに少し差が開きました。

そこに、ツネ達数人が第2集団から合流し、その脚を借りてなんとか集団復帰に成功。

集団は25人位で、活性化を図るべく先頭に出ますが、4人目5人目が続いてくれなく、単発の小アタックの様な状態に。
そんな感じで、ローテを試みたり、飛び出しに乗ったりしましたが、どれも不発のまま、いよいよゴールが近づきます。

2名の逃げが決まり、自分は集団内での勝負。
周りを見ると、スプリントで太刀打ち出来る面子では無いので、有力な選手に着き、取り残されることなく無難な位置でゴールしました。


登りでトップ集団に着いて行けたのは良かったですが、着いていくだけで何も出来なかったのはこれからの課題ですね。
下り以降は色々出来たので楽しかったです。


*************************************************************


◆第3ステージ<クリテリウム>◆

開催日:2010.09.20(月)
コース:札幌市モエレ沼公園
距離:2.77km×13周
天候:雨
バイク:TREK MADON6.9pro
ホイル:F・R/ZIPP303
補給:メダリスト
結果:9位(B2)/44人
タイム:0:54:59(39.00km/h)


第2ステージ後、一度自宅に帰り、当日の午前中に再び家族で会場入り。
受付後、レースまで4時間以上時間が空きましたが、2周だけ試走した後、チーム員や家族と駐車場でマッタリと過ごしました。

マッタリとし過ぎて、またまたアップ15分でレースに臨むことになったんですが・・・

画像


レースが近づくにつれて、雲行きが怪しくなり、召集場所に移動する頃には冷たい雨が降り出しました。

第2ステージ終了時の総合成績が10位と言う事で、シードされて最前列に陣取ったまでは良かったんですが、気持ちが引けてスタート後に下がってしまい、縦長集団のコーナー毎の全力もがきで、直ぐに脚がパンパンになって、ズルズルと順位が下がっていきます。

このまま脚を止めたらどれだけ楽だろうとネガティブなことを考え始めていたところ、ツネが引く集団が現れたので、なんとか拾ってもらい着いていきます。

しかし、そのツネが落車に巻き込まれて戦線離脱・・・
派手に転んでいたのでちょっと心配でしたが、集団に残りレース続行。

集団後方でしばらくぶら下がっていましたが、半分を過ぎた辺りで身体が慣れてきたので、前を引いたりと前方で展開。

落ちて来た選手を拾いながら最後は20人位でゴールスプリント。
集団内5〜6番手でのゴールとなりました。


中盤以降はそれなりに走れていたので、序盤のハイスピードに対応出来る様になるのが今後の課題。
まずはきちんとアップしないとダメですね。。


*************************************************************


3日間のステージレースを通して、チーム員の落車があって残念な部分もありましたが、個人的には色々チャレンジ出来て、レースに参加した感のある楽しい大会になりました。

総合順位も、第2ステージの1分差スタートを追いついた関係で、予想外に高成績でしたし。


2日間連続雨の中苫小牧から自走して、実は選手よりも走っていたチーム員、差し入れを下さったチームサポーター?さん、そして3日間連れまわした家族に感謝です。

応援下さった方々、ありがとうございました。

選手の皆さんお疲れ様でした。


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
MIYASEIの皆さんお疲れ様でした!いつもレースでの活躍を応援しています!このたびのツネさんの落車!場面は見てないけど、走ってる姿が見えなくなり‥もしかして‥と思ってましたし(;_;)ロードでもいい走りでゴールしてたので残念!
その後ツネさんは大丈夫ですか?
来シーズンも皆さんの活躍ぶりを期待しています♪
ひめ
2010/09/25 08:46
コメントありがとうございます。
ツネは痛そうですが、元気にやってます。と、思います(笑)
来シーズンは、エリートクラスも増えそうなので、チームとして成長して、期待に応えられるような走りをしたいと思います。
ありがとうございました。
naoki
2010/09/26 23:14
ツネさん情報ありがとうございました!痛みに耐え抜いていることでしょうね!?不死身なので大丈夫ですね〜きっと(-.-;)来シーズンはとても楽しみなチームの盛り上がりになりますね(*^_^*)応援にも力が入ります!日々のトレーニングもバッチリで、来シーズンも期待していますv(^-^)v
ひめ
2010/09/27 22:28
つね,大丈夫じゃなかったみたいです。。
第3腰椎横突起骨折だそうです。
通常生活は「取り敢えず」大丈夫みたいですが。
来シーズンも応援よろしくお願いします。
naoki
2010/09/30 21:25
ぎょっ!腰、いってましたか…ハァ‥今シーズン終了なので今後は治療に専念ですね!新情報ありがとうございました!naokiさんは3日の市民レース出ますよね!?また天気がかんばしくないようですが‥応援しています!
ひめ
2010/10/01 00:19
仕事に支障が無くて?良かったです。
市民レースは自分とヤスと職場から若いのが出ます。
最後のロードなので、色々とチャレンジして来ます。
naoki
2010/10/02 12:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
ツール・ド・北海道2010 市民レース MIYASEI Race Report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる