MIYASEI Race Report

アクセスカウンタ

zoom RSS DoRide XC#3 TEINE

<<   作成日時 : 2010/07/11 22:32   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

開催日:2010.7.11(日)
会場:札幌市サッポロテイネ千尺スキー場
主催:DoRide
天候:曇り
コース:ウエット・ドライ
バイク:カンピオーネ
タイヤ:F/コンチネンタル・スピードキング2.3(1.5psi)
    :R/ノーチューブ・クロウ2.0(1.5psi)
補給:MEDARIST

結果:優勝(Elite)/24人
距離:約1.9km×9周
タイム:1:22:53.08

「1時間耐久」
結果:優勝(ソロ)/13人
周回数:10

*************************************************************

金曜日のトレーニング中,調整走のつもりが40キロ近いスピードで1人ブレインバスターをかましてしまい,身体も器材(ロード)もボロボロになりましたが,なんとか走る事が出来そうなので当日早朝に会場へ向かいました。

前日に雨が降った情報があり,今日も降り出しそうな空模様だったので(実際,移動中に雨の地区も),マッドタイヤ等3セットタイヤを準備。

会場に着くと既に大勢のライダーが試走中で,受付後に1周だけ試走。

路面は若干ウエットな感じですが,低圧で使えばセミスリックでも問題なさそうなので,リアタイヤはいつものクロウで行く事に。
ただ,前日にリアタイヤのエア漏れを発見し,バルブ交換の為に1度タイヤを外して貼り直しているので,レース中にエアが漏れる心配はありますが・・

因みにバイクは,登りが勝負のポイントになりそうなのと,コース的に横の動きが多いので,今年感触の良かった29erのスーパーフライ号ではなく26インチのカンピオーネ号を準備。



いつも通り1時間のアップを済ませて招集位置へ向かいましたが,若干遅刻してしまい前列の真ん中に位置。

12:30
スタート!

山田選手が飛び出し,それを追う波に飲まれて、あっという間に7番手。
怪我の事もあって何処まで負荷を掛けられるか分からないので,無理には追わずに自分のペースでレースに入ります。

トップ集団から少し離れた位置で,松本選手の後に着き追走の機会を伺っていたところ,駐車場区間を出たところでメカトラで止まったしまったため,交わして単独で前を追うことに。

画像


2周目に入ると若い西尾選手が凄まじい登坂力でトップを独走してあっと言う間に大きく差が開いて焦りましたが,我慢して後方で様子見。

そうすると,今度はテクニックのある宮元選手が前に出て,木村選手とトップを入れ替えながらレースを動かします。自分は10秒以上遅れた位置で焦りを押さえながらまだまだ我慢の走り。

画像


4周目、序盤に動いた選手がペースダウンしたので、勝負どころと思いペースアップして一気に前の選手を交わしてトップに。
そのまましばらくはトップギアのまま走り、1分近くまで差を広げる事に成功。

画像


7周目8周目と、後方との差を気にしながらペースを戻して息を整えていたところ、今度はBG8の西田選手が差を詰めて来ているのを確認。

幸い残すは最終周回だけなので、最後の力でもう1度ペースアップして、そのままトップを守ってゴールしました!!



「1時間耐久」

XCレース後、殆ど休む間も無く行われた耐久レース。

木村兄弟チームに先頭を取られましたが、序盤からソロトップで展開。
30分位までは調子良く走れていたんですが、その後はハンガーノック気味でペースダウン。

後ろからじりじりと五日市選手に差を詰められ、終盤は本当にきつかったけど、何とかトップでゴールしました。

*************************************************************

今回のレースは難しい展開でした。

身体の不安があり、中盤まで行きたい気持ちを抑えたのが、結果として良い方向に転がりました。

今回は序盤に動いた選手が中盤にペースを落としているので、身体が万全で序盤から先頭争いに加わっていたら違った結果になっていたかも知れません。

とはいえ、序盤にトップに出た4人のうち1人でも逃げが決まっていたら?と考えると、積極的に先頭を取りに行って逃げ切るだけの力を付けなければ今後は勝つ事が難しくなると感じました。


機材に関しては、路面やコースプロフィール、レース展開を考えると、前後輪セミスリックしか選択肢が無く、175mmクランクのスーパーフライよりも、カンピオーネの選択がベストと感じました。

それからタイヤの空気圧ですが、今回は前後1.5気圧とやや低めだったんですが、ショック吸収やグリップ面で感触が良かったので、今後はドライでもこれ位の圧で行こうと思います。

参加ライダーの皆さんお疲れ様でした。
応援、スタッフの皆さんありがとうございました。

画像



※画像:モグラさん ありがとうございます。




テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
DoRide XC#3 TEINE MIYASEI Race Report/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる